<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.08.09 Wednesday  | - | - | - | 

リサイクル?!

アメリカでの主食はもちろんお肉!

ハンバーガーにホットドッグはもちろん、サラダにだってチキンがたっぷり入っています。この環境では太っても仕方がない!!(と、自分にも言い聞かせている・・・)

探さずともよく見かける太った人々。日本人の体系では考えられないくらいの大きさに育っている人も・・・

そんな太った人が先日ニュースに出ていたので、チラッと見ていたのですが、これまた興味深い話でした。

その女性は、ものすごく太ってしまい、車にも乗れなくなってしまった。そこで、ダイエットを決意!

がんばって体重を落としたのは成功なのですが、痩せたがゆえの悩みが出てきました。そう、急激に痩せたため?!皮が余っているのです。

そこで彼女は手術を受ける事に。取り出された「皮」の重さ約50ポンド!!

さて、ここまでは良くある話なのですが、この後が意外な展開へ。

なんと彼女は、手術で切除した「皮」を、皮膚移植の非営利団体へ寄付したのです。

さすがに、この発想の展開にはビックリ。しかも、寄付された側の団体は「これだけ大きな固まりがあれば、疾患部全体をそっくりカバーできるわ♪」と、非常に喜んでいる。

当の本人はと言いますと、これまたハッピーに。
なんと、10年前に購入した車に初めて乗る事ができ、行動範囲がぐっっと広がりました。

これこそまさに「リサイクル」! さすがアメリカ!!
2006.08.09 Wednesday 03:31 | comments(11) | trackbacks(199) | カルチャーショック | 

山の上の豪邸

仕事柄、いろいろなお宅を訪問させていただく機会がありますが、家のスケールの違いに驚かされる事が多々あります。

私はルームメイトと2バスのタウンハウスをシェアして住んでおりますが、日本と比べると結構なスペースがあり、生活するのには十分だと思っております。

しかし、こちらのお金持ちの方たちの家といえば、小高い所に住み、大きくて立派な扉、広い庭、見晴らしのいい景色等、別世界なんです。

そして、私が見た一番すごいところにあった家は、市街から山に向かって細いクネクネ道を上がって行く事約20分。ほぼ山の頂上。眼下には山の途中途中に数件の豪邸が点在。

そんな豪邸さえも見下ろすような場所にありました。

専用ゲートを通りぬけると、広大な敷地のスペースにわずか3件の家が建っているのみ。用事があった家は、まだ建設中でしたが、確か10億ぐらいの家が建つといっていたような・・・。

わざわざ、不便な山の上に家を建てる気持ちが分らなかった私には、はたしていつか豪邸がもてる日がくるのだろうか(笑)
2006.07.21 Friday 03:45 | comments(0) | trackbacks(0) | カルチャーショック | 

プレゼントの中身

先日、友達の誕生日会に呼ばれました。
お誕生日の当人のガールフレンドが企画したサプライズパーティ。
ということでパサディナのステーキハウスで全員指定時刻に到着しなくてはならなかったのです。

そもそもオレンジカウンティに住んでる私達にとってパサディナまでは約1時間かかります。しかも金曜日の渋滞ときたら半端なもんじゃない。

案の上、指定時刻に遅刻。しかもレストランのバレーパーキングには、お誕生日の当人の車が既にあったのです。ひぇ〜〜。

カリフォルニアに住むハワイ出身の人ばかりの集まりだったので、いつもゆっくりモードな方たちが多い中この日ばかりは気合を入れてみんな早く集合してたみたい。
仕方がないので、下手に入り口でバレるのもいけないし、10分ほど時間をつぶしサプライズがわかった後でレストランへ入ることに。

中に入ると、やっぱり私達が最後の組で既ににパーティーは始まっておりワイワイガヤガヤ賑やかでした。

そして食事も終わり待ちに待ったプレゼントの登場。
いつも思うのですが、アメリカ人ってどうしてせっかく可愛くラッピングされたプレゼントの包みをむちゃくちゃビリビリに破くんでしょう・・・・。

こんな話をオフィスでしていたら、こんなことを教えてもらった。

アメリカ人がビリビリとプレゼントを破くのは、もらってうれしい気持ちを表している!!!

へぇ〜〜〜〜、だからあんなに豪快にビリビリできるんだぁぁぁ〜〜〜。
納得!!

日本人は、テープをそっと外し、終いにはラッピングペーパーまで折りたたんで持ち帰る人が多いんじゃないかな。私なんて、大事にキープしておいていざという時に再利用させてもらってます。

中でもかなり注目の的となったプレゼントは、昔大流行したホッピング?とヘルメット。ウケ狙いに間違いはないでしょうが、これもらっても困るなぁ〜と思ってしまった・・・。

それにしても、久々のホッピングの登場に驚きました。
あのホッピングって今の子供達もやってるのかなぁ・・・。




2006.07.12 Wednesday 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | カルチャーショック | 

ハマチカマとエダマメ

先日、ある日本食レストランに行ったときに
「ハマチカマ」を注文しているアメリカ人。

隣のテーブルのアメリカ人、またその隣のテーブルのアメリカ人も
オーダーしているのを聞いてびっくりしてしまった。

他にもたくさんメニューがある中、アペタイザー(前菜)として
「ハマチのカマ焼き」を注文しているではないかぁぁぁぁ。!!!

居酒屋のオヤジ?定番メニューの「ハマチカマ焼き」が
ここアメリカでも定着していたとは!!

しかもなんとも上手に箸を使って、骨と骨との間に入り込んだ
魚の身もスルリと食べこなしている。

アメリカ人にも乙な渋めのお味がわかるなんて、
なんだかちょっとうれしかった。

あと『エダマメ』も人気。
枝豆は日系スーパーでは冷凍ですが1ドル程度で販売されている。
しかしアメリカのスーパーでも同様の枝豆が販売されており
3倍以上の値段がしていてもアメリカ人は買い物カゴにどっさり
入れて買っている光景をよく見る。

確かに枝豆は美味しいけど、なんか日本ではおじさんが居酒屋で
注文するおつまみってイメージで、女性の私はなかなか注文する
ことがない。


『ハマチのカマ焼き』 私も大好きな一品。
なんだか急に食べたくなってしまった。

2006.06.17 Saturday 03:45 | comments(0) | trackbacks(0) | カルチャーショック | 

先生と生徒

自分は何度か日本の学校に体験入学しましたがアメリカの学校との差異があったと思います。それは学校の先生と生徒との関係です。実はアメリカンスクールでは先生VS生徒のイベントが幾つかあります。生徒達はそういったイベントで憂さ晴らしをします。

一般的なのはバスケです。先生も生徒も参加が自由です。僕自身も参加したことがありますがとんでもない試合です。先生達はプライドのため、生徒達は勝ちたいという一心でボールを取り合ったり、身体をぶつけてきます。応援も先生、生徒で分かれているのでジム内は歓声であふれていました。

次に多いのはパイ早食い競争ではないでしょうか?手を使わない競争なので先生も生徒も終わったあとは顔がめちゃめちゃです。正直、この時はいつも先生たちも負けず嫌いだと思いました。

日本にある個性を大切にという言葉はアメリカではわざわざ使われず、このように学校では当たり前です。
2006.06.15 Thursday 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) | カルチャーショック | 

危ない経験

私の体験談ですがフリーウェイ(高速道路)での出来事をツラツラ〜と並べてみました。

◆ハシゴ落下!

アメリカに渡米して1週間目で速度約120舛覗行中、前方の隣のレーンにいたワゴン車から自分の車に目掛けてハシゴが飛んできた。フリーウェイだから停車することもできず、幸い、隣のレーンに車線変更しセーフ。心臓が飛び出ると思った。

ボロイ車にハシゴを縛り付けてあった様子だけど、あの速度でガタガタなフリーウェイを走行してたら、括り付けていた紐が緩んでしまうことは充分納得してしまった。

その後の私と言えば、トラウマからか”ハシゴを積んだ車は猛スピードで追い越すしかない!”が教訓。

◆落下物はいろいろ

渡米2ヶ月以内で、アウトレットに向けて走行中、こんどは前方に3人用のソファーが落ちていた。引越しトラックから落下したのだろう。

私の車の前方がトラックで見通しが悪く、車線変更のタイミングが悪かったら突っ込むしかない状況だったかもしれない。

あ〜、恐ろしい。

また走行中、ちりとりを踏んだ時もものすごい音がした。言い訳じゃないけど速度120舛犬磴◆一瞬何が落ちているかわからない。

”アメリカのフリーウェイ、いろんな物が落ちている!!気をつけろ!”が教訓。

◆油断はできない落下物

お次は、走行中前方に紙のようなビニールのようなものが風でふわふわしてたんです。前の車も追いきっていったようなので、では私もと思いそのまま突っ切っていきました。

が、

それはそれは、大間違い! すごい音がっっ!!!!

なんと、その物体の正体は針金のような芯にビニールか紙が絡まっていたのです。おまけに、その物体は車の下で絡み込み、しばらく引きずってしまいました。

その後は、”どんなものでも勢いで突っ切るのはやめよう”と誓った私。

◆ホイールがフル回転

ちょうどフリーウェイの乗り換えでカーブしながら走行中、前方から車のホイールが私の車を目掛けてすごいスピードで回ってきたのにはびっくり。

カーブだったので見通しが悪く、突然ホイールが回転してきたので自分でもよく避けれたな〜と関心。

しかし、本当にこれは怖かった。

これは”車社会のロサンゼルス、予測できない事多し!”としか言いようがありません。

◆スーパーのレジ袋

これは、まさに昨日の出来事。
今回はスピードはあまり出ていない状態でした。やや込み合ってたフリーウェイにスーパーのレジ袋が風でふわふわ空中を舞っていました。

前回の教訓からして、空中を舞っているのだから私の車は大丈夫だろう。。。

でもなんか不吉な予感。

え〜〜〜、よりによって私の車に張り付いた〜〜!!

最悪っっ!!


しかも、しかも、車の下に入り混んだ可能性も。
数分後、目的地に着きドアを開けた瞬間、何やら嗅いだ事もないニオイがツ〜〜〜んときちゃいました。

くさっっ!!冷や汗

そうです!マフラーにレジ袋がぴったりと張り付き、マフラーの熱で溶けてしまってすごいニオイを発してます。周りの人にもご迷惑なこのニオイ。 早速、友人に報告したら、彼女もこんな経験があり5日ほどこのニオイが取れなかったらしいです。

ここまでくると、もう防ぎようのない出来事なので泣き寝入り状態ですが、車社会のカリフォルニアでは日常茶飯事の事なのかと理解するしかないようです。(泣)
2006.05.09 Tuesday 01:02 | comments(1) | trackbacks(0) | カルチャーショック | 

1回払い?分割払い?!

アメリカに来て困る物の一つにクレジットカードがあります。
日本では結構簡単に作れますが、こちらでは最初苦労するんです。
と言うのも、クレジットカードの仕組みが違っているからなんです。

特に移民の場合、そもそもクレジット暦がアメリカで全くないので何処のクレジット会社に申し込んでも却下されてしまいます。クレジットカードの履歴って、全国共通ではなかったのね!と驚いてしまいました。

では、どうやってはじめるの?!と憤りを感じるのですが、そんな人にもちゃんとクレジットカードが作れる方法があるのです。

二通りあるのですが、

一つは銀行のセキュアカード。ある程度の金額を契約した銀行口座に入れておけば、その金額分だけクレジットカードとして使えますよ、というものです。続けて利用していれば、そのうちクレジットカード会社からプリアプルーバル、すなわち「カード作ってください」という郵便が送られてきます。
続きを読む >>
2006.05.05 Friday 03:14 | comments(1) | trackbacks(235) | カルチャーショック | 

スパむすび

スパむすびと言えば、ハワイ!!!

仕事の関係でよくハワイへ行っていた頃にこのスパむすびには
本当にお世話になりました。ハワイではゴルフ場でもプレイ中に
食べられるようにカートで売りに来ます。

こちらロサンゼルスの日系のお友達のお家でパーティーがある
と、必ず見るものがこのスパむすび



ロサンゼルスでもハワイでも、このスパむすび用の型が売って
ます。私も一ついただいたのですが、自分で作ってしまったほう
が早いので使っていませんが、こんな型です。



スパむすびは元々はやはり日系のルーツ、ハワイからだったん
ですね。

よくハワイへ行かれる方にはおなじみのおにぎりですよね。
温かい状態でセブンイレブンやABCマートにあります。

日本ではスパムは高くで高級食材のお店でよく見かけていました
がなんと1缶700円!!!!びっくり

高っ!!!

こちらでは、日系スーパーなどで2ドルちょっと
で買えちゃいます。

我が家も、COSCOでまとめ買いをしているのでよくこのスパむすび
を作ります。スパムの塩味がご飯とマッチングして私は大好きです。

スパムとはハワイでポピュラーな食材スパムポークランチョンミート(SPAM)。
スパムはポークを缶詰にしたハムのようなソーセージのような食品です。
スパムポークランチョンミートは「スパムメール」の語源としても有名ですが、
ハワイ州は全米50州の中でもスパム消費量No.1だとか!

ロサンゼルスではなかなか見ない種類もハワイだとたくさんあります。

スパイシー味
ハワイアン味
ガーリック味などなど。



そんなハワイのB級ローカルフードの代表格スパムでこんな
ロコモコ風にしても美味しくなりますよ!



2006.04.28 Friday 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | カルチャーショック | 

TAX DAY

ちょっと前のことになりますが、TAXのお話しです。

例年4/15が納税最終日なのですが、今年は4/15が土曜日だったために、
4/17が最終日。もちろん、その一ヶ月ほど前に書類の準備等は
終わっていました。
(ちなみに、4/15は私の誕生日!なので、覚えやすいんです。)

書類の準備をして、国からはお金が返ってくることになり、
すっかり満足してしまった私。
州への納税は払い足りていなく、支払いを郵便で送らなければ
いけなかったのですが、その支払いを用意するのをすっかり忘れてました。

結局4/17の夜に郵便局へ足を運ぶことに。
例年納税はちゃんとやっていたので、初めての体験。

この日だけは、TAX Dayということで、
郵便局の最終回収は夜中の12時。
夜10時前に、最寄の郵便局へ行くと、静まり返っていたので、
皆事前にTAXの支払いをするのね〜と感心していたら、
実はその郵便局では、TAX Dayの最終回収がなく、
隣町(といっても、車で10分なのですが)の郵便局へ行けと
張り紙が・・・。

しかたなしに、隣町の郵便局まで車を飛ばしたところ、
フリーウェイの降り口から混みだし、郵便局まで渋滞。

郵便局に近くなってくると、普通の道が一方通行になり、
警察が交通整備をしていて、普段ならば車を降りて郵便を
出さなければいけないのですが、ドライブスルー郵便局の
準備がされていました。

TAX DAYだからなのか、あまりにも寒いからなのか、
なんなのか、そこの郵便局は妙な活気が溢れてました。
ドライブスルー郵便局の係りをしていた、
おばちゃんのご機嫌な笑顔が忘れられません。
2006.04.27 Thursday 05:46 | comments(0) | trackbacks(0) | カルチャーショック | 

ベイビーシャワーへ♪♪

アメリカでは赤ちゃんが生まれる前にベイビーシャワー
と言われるパーティーをします。

ベイビーシャワー開催の1ヶ月くらい前に心のこもった
パステル調のかわい〜い招待状が送られてきました。

そうなんです♪♪ 
渡米して以来初めてベイビーシャワーに行ってきました。

ブライダルシャワー(結婚をする1ヶ月前くらいに新婦と
新婦の女友達、家族、親戚が参加するパーティー)は何度も
参加してきたのですが、まさかベイビーシャワーをする
ようなお友達がまわりに増えたのは自分でも驚き。

赤ちゃんの生まれる前に両親になる2人に親戚、友達など
が集まって赤ちゃんが生まれる数ヶ月前におもちゃ、オムツ、
洋服などをプレゼントします。

そのパーティーの手紙にはもう一つ紙が入っていました。
ベイビーザラス(トイザらスの赤ちゃん版)のプレゼントリスト!

こちらでは、両親になる2人が事前に何が欲しいのかお店へ行って
欲しいものを登録します。
これも、ブライダルシャワーと同じ。

そして招待状を受け取った親友やら知人がお店に訪れ、
両親の欲しいリストの中からプレゼントを選ぶ、という合理的なものです。

もちろん同じものがかぶってしまわないよう
リストは管理されているので安心♪

とっても便利ですよね!

だって絶対にハズれのないプレゼントですもの♪

でも…
日本人の友人とベイビーシャワーについて話していた時
彼女はこんなことを言っていました。

”ちょっとずうずうしい気がする。。。。。”

そこで、友人はおむつで作ったケーキを心を込めて
プレゼントしたそうです。拍手

やっぱりギフトと言えば、プレゼントする側が気持ちを
込めて選んで渡す習慣がある日本人の私達からすれば、
味気ない感じもするというのも理解できます。

さて、パーティーは実にカルチャーショックの連続!びっくり
だから、すっごく楽しかった♪♪

私は都合があって遅れて参加したのですが、
シャワーに着いてすぐオムツゲームが始まりました。

5つのオムツが次々に回ってきて、

げ〜〜〜〜〜っとビックリ!!

オムツを広げ、リアルなう○こ????


なんとチョコレートが塗ってあったのです。

もう、お分かりですね!
5つのオムツに塗ってあるチョコレートは何かを当てるというゲーム。

大の大人が、鼻でクンクン、じっと見つめて、
あ〜だのこ〜だの討論!

チョコレートは、キットカット、クランチなどなど
有名メーカーチョコ。

私はチョコレートには全然詳しくないので、一つも当てる事が
できませんでしたが。

他にも、男性が哺乳瓶でコーラを一気飲みっていうゲームは
なんだか見ているのに抵抗を感じずにはいられませんでした。(笑)

これから、こんなベイビーシャワーへ行く機会が増えそう。。。
2006.04.23 Sunday 20:16 | comments(0) | trackbacks(1) | カルチャーショック | 
 | 1 / 2 PAGES | >>