<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< アメリカン チャイニーズ | main | アメリカでナンバーワン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.08.09 Wednesday  | - | - | - | 

危ない経験

私の体験談ですがフリーウェイ(高速道路)での出来事をツラツラ〜と並べてみました。

◆ハシゴ落下!

アメリカに渡米して1週間目で速度約120舛覗行中、前方の隣のレーンにいたワゴン車から自分の車に目掛けてハシゴが飛んできた。フリーウェイだから停車することもできず、幸い、隣のレーンに車線変更しセーフ。心臓が飛び出ると思った。

ボロイ車にハシゴを縛り付けてあった様子だけど、あの速度でガタガタなフリーウェイを走行してたら、括り付けていた紐が緩んでしまうことは充分納得してしまった。

その後の私と言えば、トラウマからか”ハシゴを積んだ車は猛スピードで追い越すしかない!”が教訓。

◆落下物はいろいろ

渡米2ヶ月以内で、アウトレットに向けて走行中、こんどは前方に3人用のソファーが落ちていた。引越しトラックから落下したのだろう。

私の車の前方がトラックで見通しが悪く、車線変更のタイミングが悪かったら突っ込むしかない状況だったかもしれない。

あ〜、恐ろしい。

また走行中、ちりとりを踏んだ時もものすごい音がした。言い訳じゃないけど速度120舛犬磴◆一瞬何が落ちているかわからない。

”アメリカのフリーウェイ、いろんな物が落ちている!!気をつけろ!”が教訓。

◆油断はできない落下物

お次は、走行中前方に紙のようなビニールのようなものが風でふわふわしてたんです。前の車も追いきっていったようなので、では私もと思いそのまま突っ切っていきました。

が、

それはそれは、大間違い! すごい音がっっ!!!!

なんと、その物体の正体は針金のような芯にビニールか紙が絡まっていたのです。おまけに、その物体は車の下で絡み込み、しばらく引きずってしまいました。

その後は、”どんなものでも勢いで突っ切るのはやめよう”と誓った私。

◆ホイールがフル回転

ちょうどフリーウェイの乗り換えでカーブしながら走行中、前方から車のホイールが私の車を目掛けてすごいスピードで回ってきたのにはびっくり。

カーブだったので見通しが悪く、突然ホイールが回転してきたので自分でもよく避けれたな〜と関心。

しかし、本当にこれは怖かった。

これは”車社会のロサンゼルス、予測できない事多し!”としか言いようがありません。

◆スーパーのレジ袋

これは、まさに昨日の出来事。
今回はスピードはあまり出ていない状態でした。やや込み合ってたフリーウェイにスーパーのレジ袋が風でふわふわ空中を舞っていました。

前回の教訓からして、空中を舞っているのだから私の車は大丈夫だろう。。。

でもなんか不吉な予感。

え〜〜〜、よりによって私の車に張り付いた〜〜!!

最悪っっ!!


しかも、しかも、車の下に入り混んだ可能性も。
数分後、目的地に着きドアを開けた瞬間、何やら嗅いだ事もないニオイがツ〜〜〜んときちゃいました。

くさっっ!!冷や汗

そうです!マフラーにレジ袋がぴったりと張り付き、マフラーの熱で溶けてしまってすごいニオイを発してます。周りの人にもご迷惑なこのニオイ。 早速、友人に報告したら、彼女もこんな経験があり5日ほどこのニオイが取れなかったらしいです。

ここまでくると、もう防ぎようのない出来事なので泣き寝入り状態ですが、車社会のカリフォルニアでは日常茶飯事の事なのかと理解するしかないようです。(泣)
2006.05.09 Tuesday 01:02 | comments(1) | trackbacks(0) | カルチャーショック | 

スポンサーサイト

2006.08.09 Wednesday 01:02 | - | - | - | 
Mitsuko (2006/05/09 7:07 AM)
私の場合、
半年ほど前、前を走っていた大型トラックにぶつかって跳ね返った角材がくるくると回りながら私の車のフロントに降ってきました。

一瞬、ものすごい音がして、それらは飛び散っていきました。
怖かった。

その日、なぜか背の高いジープタイプの車に乗っていたからよかったけど、
そのころ、いつも乗っていたちびのスポーツタイプに乗っていたら
映画のように角材がフロントガラスに突き刺さり 命が危なかったかも。

ほんとに何がおきるかわからないと心底恐怖を感じました。
それ以後、車は大きいほうがいいと思うようになりました。

だれです?
映画みたいに突き刺さってしまったら面白かったのに
なんて、いっているのは。