<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< ガスピル | main | またまた冷や汗、アラーム事件、その2! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.08.09 Wednesday  | - | - | - | 

先生と生徒

自分は何度か日本の学校に体験入学しましたがアメリカの学校との差異があったと思います。それは学校の先生と生徒との関係です。実はアメリカンスクールでは先生VS生徒のイベントが幾つかあります。生徒達はそういったイベントで憂さ晴らしをします。

一般的なのはバスケです。先生も生徒も参加が自由です。僕自身も参加したことがありますがとんでもない試合です。先生達はプライドのため、生徒達は勝ちたいという一心でボールを取り合ったり、身体をぶつけてきます。応援も先生、生徒で分かれているのでジム内は歓声であふれていました。

次に多いのはパイ早食い競争ではないでしょうか?手を使わない競争なので先生も生徒も終わったあとは顔がめちゃめちゃです。正直、この時はいつも先生たちも負けず嫌いだと思いました。

日本にある個性を大切にという言葉はアメリカではわざわざ使われず、このように学校では当たり前です。
2006.06.15 Thursday 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) | カルチャーショック | 

スポンサーサイト

2006.08.09 Wednesday 01:53 | - | - | - |